MYLIFE雑記帖

日々の暮らしの雑記帳。5歳と1歳の姉妹をもつワーキングマザー。ライフスタイル、子育て、趣味、思うこと。暮らしのなかの気づきをつづっています。

【朝の習慣】一度挫折した「モーニングページ」を再開したら効果絶大だった件。

1歳4か月の次女の卒乳と同時に、夜型から朝型にシフトして1か月以上が経ちました。

朝時間にやりたいと思っていることが、すべてできているわけではないですが、確実に定着した習慣がひとつあります。


それは、「モーニングぺージ」です。

f:id:unmako65:20170914064030j:plain:w400

【目次】

モーニングぺージとは?

かんたんに言うと、朝起きてすぐ、頭に浮かんだことを思いつくままノートに書いていくことです。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。という本で紹介されているワークです。


やり方については、早起きブロガーみのりさんの記事より。

モーニングページのやり方はいたってシンプル。

以下の3つの手順で完成します。

いつもより朝30分早く起きる
ノートを開いて、思いつくままに文章を書く
3ページ分書いたら終了

朝30分の早起きで頭の中をデトックスする「モーニングページ」に瞑想的効果を感じた - 実り多き人生より


わたしはぺージ数にこだわらず、「書き切った!」と思えるまで書いています

だいだい見開き2ぺージくらいです。

f:id:unmako65:20170913062611j:plain:w400

とにかく頭に浮かんできたことをかっこつけず、正直に書き連ねていく。
(著者は「脳の排水」と表現していました。)

働き方のこと、時間の使い方のこと、子どものこと、夫に対する思いなどなど。


日によっては人に絶対見られてはならぬ!っていうような内容のこともあります(笑)


時間にして15分〜20分くらいです。


使っているノートはこちら(右)。愛用のトラベラーズノートWeeklyと同じサイズ。

f:id:unmako65:20170913062616j:plain:w500



じつはこのモーニングページ、一度挫折しています。

再開したのは、8月から朝活サロンに参加したのがきっかけ。

朝活の一環でモーニングページをしているサロンメンバーが多く、私ももう一度始めてみようと思ったのでした。


モーニングページの効能

書き始めたら、思いのほかハマりました。
モーニングページが書きたくて、早起きが定着したといっても過言ではありません。

1ヶ月以上書き続けて、私が感じているモーニングページの効能を3つご紹介します。

悶々とする気持ちがたまらない

心のなかのモヤモヤや、頭のなかで悶々と考えていることなど、マイナスな感情も抑えることなく頭に浮かぶまま書き出します。
とにかく吐き出すので、デトックス効果が絶大。

「いまここ」に意識を向ける瞑想のような感じ。


頭がスッキリします。


自分と向き合える

うっかりすれば、せわしない毎日に流されそうになる日々。
意識しないと、自分の思考と向き合う余裕なんてありません。

そのような日常のなかで、モーニングページを書く時間は、自分と向き合う時間。

自分のなかの感情を文字として書き出すことで、自分と対話をしている気持ちになります


素の自分になれる

だれに見せるわけではないので、とにかく頭に浮かんでくることを正直にかっこつけずに書く。
自分で書いておきながら、こんなことを思っていたんだって、自分でもびっくりすることもあります。


さいごに

モーニングページは「書かなきゃ」という義務ではなく、「書きたい!」という私の欲求です。

忙しい毎日では流されがちな、素の自分に出会う時間。

とにかく書くとその日を清々しい気持ちでスタートできます。


モーニングページで自分のやりたいことが見えてくるというけれど、私はまだそこまで明確なものは見えていません。
ですが、その過程であることは間違いない気がします。


毎日思考がぐるぐるして、なにがそうさせているのかわからない人や、とにかく思考の整理をしたい人、自分のやりたいことを見つけたい人などにおすすめです。


朝30分早く起きてモーニングページの時間を。

たったそれだけで、得られる効果は想像以上です!


詳しくはこちらの本で。
一度手放してしまったのですが、このたびモーニングページを再開したことで私はもう一度購入しました。




▼ 等身大の自分に。
にほんブログ村テーマ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプル・ミニマルライフ
すっきり暮らす
ちょうどいい暮らし


押していただけると更新の励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村