MYLIFE雑記帖

日々の暮らしの雑記帳。5歳と1歳の姉妹をもつワーキングマザー。ライフスタイル、子育て、趣味、思うこと。暮らしのなかの気づきをつづっています。

Amazonほしい物リストを公開したら、さっそくプレゼントが届いて驚いた!

昨日、僭越ながら、私のAmazonほしい物リストを公開しました。


▶︎ 思考や嗜好が見えてくる。Amazonほしい物リストを公開してみました。

一介のペーペーブロガーが、ほしい物リストを公開してどうすんの? という気持ちがありつつも、どうなるかちょっと実験してみたい好奇心から。

プレゼントは突然に。

本日外出先から戻って、郵便受けをみたら、なにやらAmazonから届いていました。


日常的に夫も私もAmazonを利用していて、今日私はなにも届く予定がなかったので、夫のだろうと思って夫のデスクの上に置いて、もう一度宛名をみたら、ん? 私宛?


え? もしや?


え?? えぇ!?




そうです、昨日公開したばかりなのに、さっそく「ほしい物リスト」からほしい物が届きました!

cozy-nest 小さく整う暮らし のオズさんの著書。

f:id:unmako65:20170203232603j:plain:w300





プレゼントしてくださったのは、私がブログを始めた初期のころから交流してくださっている、トットちゃんとカモメとパンのナナホシ (id:totokamomepan)さん!


私がほしいものリストを公開した2/2に、ナナホシさんはちょうど、オズさんの著書の本の紹介の記事をアップされていました。

totokamomepan.hatenablog.com


本といっしょに「これは私が送るしかないでしょう!笑」っていうメッセージが。(^^)




この本がほしかった理由は、まだまだ私は日常に追われているから。

みんな平等に24時間持っていて、日常に追われている人と、追われない人の違いはなんだろう?って。

この本を読めば、追われないようにするためのヒントが得られるのではないか、と思ったからです。


ほしい物リストからプレゼントを受け取った気持ち。

公開していてなんですが、私はなにもGiveしていないのに、反応して送ってくださって、ありがたいという気持ちもさることながら、とても恐縮しました

ブログを通して交流はあるとはいえ、会ったこともない私のために数千円使ってくださったんです。

ナナホシさん、本当にありがとうございました!



そして、私もひょっこりだれかにプレゼントしたい!という思いに駆られました。


「Amazonほしい物リスト」のススメ。

「Amazonほしい物リスト作ってみたいけど、まだ作ってない〜」って方がいましたら、作って、公開してみませんか?
自分の思考や嗜好を伝えるいいツールだと思いますし、なによりドキドキワクワクの日々が送れますよ!



ナナホシさんもぜひほしい物リスト公開してくださいねw


▼ 「Amazonほしい物リスト」を作ってみたい方への参考ブログ
www.heibonnashufu.net