読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MYLIFE雑記帖

日々の暮らしの雑記帳。5歳と0歳の姉妹の母。ただいま育休中。ライフスタイル、子育て、趣味、思うこと。暮らしのなかの気づきをつづっています。

【おすすめ育児アイテム】ママ鼻水トッテ。鼻すい器はアナログ推し!

急に寒くなってきました。

季節の変わり目は、気温の変動が激しく体調を崩しやすいもの。風邪に気をつけたいものです。


小さな子はとくに、気づいたら鼻水が出てるってことありませんか?


鼻水がずるずる出続けるのはうっとおしいだけでなく、放っておくと中耳炎になってしまうこともあります。


でも小さい子は自分自身でかんだり、すすったりできませんよね。。。
気づいたら拭いてあげることはできますが、鼻水を出し切ることはしてあげられない。


そんなときお役立ちアイテムが、口で吸うタイプの鼻すい器「ママ鼻水トッテ」です。

f:id:unmako65:20161024231445j:plain:w300
f:id:unmako65:20161024231508j:plain:w300

長女が0歳のころ友人にすすめてもらって、購入しました。そのとき以来、風邪のときのマストアイテム

使いすぎて古くなったのと、4歳の長女は鼻をかめるようになったので、今は使うことはありませんが、さすがに姉妹でも使い回しはなぁと思い、2代目を次女のために新たに購入しました。

初めて買ったときと、吸い口のかたちが変わっていました。常に改良を重ねているんでしょうね。


実は、鼻水トッテを購入する前に、小児科で推薦されていた電動鼻水吸引器を4、5千円で購入していました。


前述したように、ほっとくと中耳炎になったりすることもあるし、小児科のすすめだったし、普通で買うより安く買えるということで、一人目育児でよくわからなかった私は購入をしたのですが、いざ使ってみると、ぜんぜん吸わない!
騙されたかと思いましたよ。。。


Amazonのレビューにも、私と同様、「吸えない!」のレビューが多く、評価も低かったので、私だけじゃなかったんだと思いました。


結局1回しか使わず。でも使用品なので、売るというわけにもいかず、しばらく取っておいていたのですが、目にするのもいやになって処分しました。


その点、お母さんがチューブを通して吸うアナログな鼻水トッテは、必要なのはお母さんの肺活量だけw

使ってみて実感する「鼻水トッテ」のいいところ6つ

1. よく取れる!(ここ一番大事。)
2. チューブなので、どんな姿勢でも使える
3. ボトルに鼻水がたまるので、取れた量や色が確認できる。もちろん子どもにも、吸う側にも逆流しない
4. シンプルなつくりなので、終わってすぐ洗えて衛生的
5. 小さいので持ち運びもしやすく、荷物にならない
6. ドラッグストアで購入可能。電動に比べて断然安い


「ママが選んだ使ってよかった育児グッズ受賞」とパッケージにありますが、ほんとに買ってよかった!と思う商品です。


子どもの鼻水が気になるというお母さんがいましたら、電動ではなく、このアナログな鼻すい器を〜!



こちらもどうぞ〜
にほんブログ村テーマ *おすすめ!baby・キッズ・ママグッズ*へ
*おすすめ!baby・キッズ・ママグッズ*



にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


▼関連記事
www.makonote.com
www.makonote.com
www.makonote.com
www.makonote.com