MYLIFE雑記帖

日々の暮らしの雑記帳。5歳と1歳の姉妹をもつワーキングマザー。ライフスタイル、子育て、趣味、思うこと。暮らしのなかの気づきをつづっています。

自分の時間を取り戻したい! 時間を有用に使うためにやりたい3ステップ

育休も残り3ヶ月ほど。
たっぷりあると思ってた育休も気づいたら終盤に差し掛かっています。


育休に入ったらやろうと思っていた、「ブログを始める」など大枠はできていますが、
日常に追われる日々は相変わらず。。。。


f:id:unmako65:20170209233851j:plain:w400



乳児がいるので、予定どおりにことが進まないのは想定内としても、最近不完全燃焼な日が続き、焦燥感が募るばかり。


そんなときに、手に取ったちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方」。


最近の焦燥感の原因は「やらねばならないこと」で時間が埋まり、「やりたいこと」に割く時間を圧迫しているところにあることに気がつきました。


具体的にいうと「ブログを書くこと」や「考える時間」などが、「日常の家事」に追われてうまく確保できていないといういことです。


やりたいことをするために、やらなければならない家事をさっさと終えようと思っているのに、実情はちょっとスマホを見たり、目に付いた家事を中途半端に始めたりしまったりで、家事にかける想定時間を大幅にオーバーしてしまっています。


もういい加減この負のループから抜け出さなければ!と思い、「自分の時間を取り戻そう」を読んで、私がやっていきたい3つのこと。

1. 時間を可視化してみる


ちきりんさんの本に、無駄な時間を減らすための具体的な方法のひとつとして「時間の家計簿」をつけるというのがありました。
「朝から晩までなにをしていたか、詳細な行動記録を作ってみる」というものです。

お金を支出を把握するために家計簿をつけるのと同様に、時間をどのように使っているかの現状を把握する。
自分の時間の使い方を客観視して、まず、ムダに使っている時間をあぶり出してみたいと思います。


2. 「やりたいこと」を中心に据えた1日のスケジュールの立て直し

「やらねばならないこと」で時間が圧迫されているなら、先に「やりたいこと」のための時間を確保してから、「やらねばならないこと」をどうこなしていくかを考えたいと思います。

限られた時間でどう家事をこなすかを考え、時間の生産性を高めることを意識していきたいです。


3. 「追われない家事」を読んで実践してみる

先日、私の「Amazonほしい物リスト」からプレゼントしていただいたcozy-nest 小さく整う暮らし オズさんの著書「追われない家事」。

f:id:unmako65:20170203232603j:plain:w300

早くこれを読んで、時間の生産性を高めるためのアイデアをもらって、自分の生活に落とし込んでいきたいです。

おわりに

この期に及んで、いまだこんな状態で情けなくなりますが、残り少ない育休を有意義に過ごすためにも、ひいては自分の限りある人生のためにも(大げさw)、一度原点に立ち返って、自分の本当にやりたいことのために時間を整えていきたいと思いました。



育休のいまこそ、時間管理にバーチカルの手帳が必要かもと思ってきた(^_^;)

買い直そうかな??




▼ 私みたいにあっという間に1日が過ぎ、焦燥感にかられてる人におすすめです。




▼ シンプルライフができれば、生産性は高まりますね!
にほんブログ村テーマ
シンプルライフ

シンプルで豊かな暮らし
素敵な大人のシンプルライフ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプル・ミニマルライフ
効率の良い手帳術・時間管理術



押していただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村