MYLIFE雑記帖

日々の暮らしの雑記帳。5歳と0歳の姉妹をもつワーキングマザー。ライフスタイル、子育て、趣味、思うこと。暮らしのなかの気づきをつづっています。

【レシピあり】子どもも大人もいっしょにおいしく食べられる!「トマトベースの豆カレー」

「お正月の料理に飽きたら、カレー」ってなんか定番になりつつありますね。


年明け4日に自宅に戻って最初に作った夕食は、「トマトベースの豆カレー」でした。


f:id:unmako65:20170106232437j:plain:w400


ふつうのカレーだと、大人用に中辛、甘口カレーがあまり好きではない娘には、別のメニューを用意しなければならず。

でもこのトマトベースのカレーは、夫も4歳の娘もパクパク。
なんならおかわりまで。
毎回好評で、うれしいことに大量に作ってもすぐなくなってしまいます。



そんな我が家の定番「トマトベースの豆カレー」の作り方をご紹介します。


テキトーな私が作るものなので分量はだいたいです。それでもおいしくできますので、ぜひご家庭の味を追求してみてください。


トマトベースの豆カレー【材料】(だいたい6皿分)

  • 肉(鶏肉でも豚のひき肉でもなんでもOK)
  • たまねぎ 2玉
  • にんじん
  • ピーマン

※野菜もたまねぎさえ入れれば、あとは何を入れてもOKです!冷蔵庫にあるものを入れちゃってください。私のおすすめは薄く輪切りにしたごぼう。入れると味に深みが出て美味しいです。おすすめ!

  • 豆(大豆、ひよこ豆など)

※いつもは大豆を戻したものを使いますが、今回は時間がなくて、「カレーがおいしくなる豆水煮」を使いました。

  • カットトマト 1パック
  • 甘口カレールー (6皿分の場合は1/2使います)

f:id:unmako65:20170106232439j:plain:w400

使ったあとの処理がラクなので、缶よりパック派です!

【作り方】

  1. 材料を細かめに切っておく。
  2. たまねぎ→お肉→そのほかの野菜の順によく炒める
  3. 水を4カップ入れて材料が柔らかくなるまで煮込む(10分くらい)
  4. カットトマトを入れて、さらに煮込む(5分くらい)
  5. いったん火を止め、ルーを割り入れて溶かし、弱火で煮込む(10分くらい)
  6. 豆類を入れ、かき混ぜる
  7. 最後にちょっとだしの素を入れたり、お醤油をたらすと味がしまります


ふつうのカレーの作り方とほぼいっしょです。



甘口ルーを使っていますが、トマトの酸味とブレンドされて「甘ったるい」という印象にはならないせいか、子どももたくさん食べてくれます。
かといって大人でも物足りなさを感じずに味わえる味です。


ラクしたいとき、きょうのメニューはなにしよう?と迷ったときなど、ぜひ作ってみてください!



▼カレー大好き!
にほんブログ村テーマ
やっぱカレーでしょう!

カレー
おうちごはん
毎日のごはん
☆簡単お料理レシピ☆パン料理・晩御飯


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




▼関連記事
www.makonote.com
www.makonote.com
www.makonote.com
www.makonote.com
www.makonote.com